先輩たちへのインタビュー

 ロビースタッフは、ホテルへ来られるお客様に最初にお会いし、最後にお見送りできるスタッフです。そして、サ
ービス一つ、お声かけ一つでお客様の期待感を高め、スマートな動きと笑顔でお見送りすることで「また来るね」と
言っていただける、唯一のセクションです。もちろんお客様にご満足いただくには、世界的なマナーやプロトコール
に則った作法や礼儀を身に着けてなくてはなりません。ホテルマンはマナーが出来ていて当たり前ですが、それをス
マートにこなすことがホテルマンの一番のやりがいであり、腕の見せ所であると思います。

 お客様が何を望んでいるのか常に考え、その答えを引き出さなくてはなりません。 引き出すための一番の武器は”
会話力”。 話す楽しさを忘れずに、その会話から我々が出来るサービスを考え、お客様に提供し、喜んでいただくこ
とこそ、この仕事の一番の魅力です。

 大学入学と同時に宴会サービスのアルバイトとして入社しました。元々ホテルマンに憧れがあり、大学の先生
からホテルでアルバイトした方が良い経験になると言われたことがきっかけです。最初はあらゆることに気を配
らねばならず大変でしたが、徐々に業務を覚えてやりがいを感じ、学生生活の4年間はアルバイトに熱中しまし
た。同年代のスタッフが多く、互いに励まし合える仲間ができたのも今の私の財産の一つです。

 アルバイトをしているうちに「もっとこのホテルでサービスをしたい!」という思いが強くなり、「この人に
ついていきたい!」という憧れの上司との出会いが決め手となり、新卒採用の応募を決めました。入社後は1年
間、研修として宿泊部、宴会料飲部、レストランとホテル全体のサービスを学びました。客室清掃研修、ロビー
研修でホテルマンとしてのマナーや立振る舞いを学び、宴会料飲部ではお料理の出し方やお酒の注ぎ方など、料
飲サービスの基礎を身につけることができました。

 ロビースタッフは誰よりもホテルを知っているスタッフでなければなりません。4年間のアルバイトと、1年
間の新人研修の中で各部署の業務やスタッフの顔を知ることができたことは、私の仕事の基礎となっています。



 私はサービスマンとして、滞在中快適に過ごしていただけるようお客様の“葛藤”を減らすことのできるロビースタ
ッフを目指しています。お食事、お部屋での過ごし方、観光地のご案内など、お客様が悩んだり迷ったりする”葛藤”
を少しでも減らし、快適なホテルステイを提供できるよう努めています。お客様をしっかりと見て、何を望まれてい
るか察し、いち早くお声かけをする。会話を増やすことで、お客様のご要望を引き出し、お応えする。お客様により
近いサービスマンとなることが目標です。

 また当社のスローガンの中に”札幌総合力No.1ホテル”という目標があります。その中でも “サービス力札幌No.1”
を目指し、ホテル内のサービスの最前線にいるスタッフとして、チーム京王を引っ張っていける存在になりたいです
ね。

 どの仕事にも言えますが、ホテルの仕事は楽ではないと思います。ですがどの職種にも負けないやりがいがあると
全スタッフが感じているはずです。お客様からの「ありがとう」のお声一つに喜びを感じ、「また頑張ろう」と次へ
のステップや向上心につながる、人として日々成長出来る場です。サービスに限界はありません。自分でその答えを
探し続ける楽しさ、そこから学んだこと全てが自分の財産になります。

 またホテル内だけでも宿泊、宴会、レストランサービス、営業、事務など様々な職種があります。ホテルの中に入っ
てから色んな仕事ができたり、自分にあった仕事を見つける事ができるのもホテルで働く魅力でもあります。お客様
のため、そして自分のために努力できる方、様々なことに挑戦してみたい方、是非京王プラザホテル札幌へいらして
下さい。

 残りの学生生活を存分に楽しんで、就職活動頑張って下さい!