お喰い初め膳

『お喰い初め』とは・・・
新生児の生後100日目に、「一生食べることに困らないように」との願いを込めて、食事をする真似をさせる儀式です。